経験だけが全てではないよって話

キャリア

こんにちは、Kanaです!

私は、現在24歳で社会人としても3年目のまだまだペーペーの身なんですが今の会社でチームリーダーの立場になって感じたことや、考えたことを書いてみました。

チーム最年少でリーダーになった

今の会社にはWEBエンジニアとして入社したのですが、その4ヶ月後にひょんな事からチームのリーダーになりました。もちろんリーダーの経験はこれまで一切なかったし、マネジメントの経験や知識すら全然ない状態でした。

さらに、私はチームのメンバーで一番技術的に優れてたわけでもなく、エンジニアとしての経験も誰よりもあったわけでもなく、むしろチームの中で一番最年少でエンジニア経験も一番浅いという状態でした。

よくこんな私にリーダーという役割を任せてもらえたなと上司や、メンバーには感謝しかないです。

案の定、リーダーになってからは上手くいかないことも多く、周りに助けてもらいながらなんとか自分にできることを精一杯こなしている毎日です。(その辺の話もいずれ記事にしたいなぁ…)

経験がないから、語っても説得力がない?

社会人経験が浅い、リーダー経験がない、マネジメント経験がない

リーダーになってからは、メンバーは私よりも社会人経験があるし、むしろエンジニアとしての経験も長いメンバーが多い。

そんな状況で私がメンバーになにかを伝えても全然説得力がないんじゃないか、メンバーに指示をしてもやってもらえないんじゃないかとリーダーになりたての頃は不安でいっぱいでした。(今も正直その不安は消えてないw)

しかし、ありがたいことにチームのメンバーはめちゃくちゃ人がいいってこともありこんな私でもついてきてくれてるのでメンバーには毎日感謝してます。

若いから、

経験がないから、

そういう人間がなにかを語ったところで説得力がないというのは確かにそうかもしれないですが、

だからといって、何でもかんでも経験してみたら人生いくらあっても足りないし、経験しなくても知識や想像でわかることだってあるんじゃないか?

と思ったんですよね。(生意気ですねww)

例えば、

赤信号の時、横断歩道を渡るのが危険だってことは経験しなくてもわかることです。

それを相手に、これまでの事故の事例や統計情報を元に説得したら自分が実際に経験してなくても赤信号で横断歩道を渡るのがどれほど危険かということを説得力を増して伝えることができるんじゃないかと。

知識でカバーできることだってある

リーダーの経験がない、マネジメントの経験がない…

だからといってネガティブにならず、本を読んでインプットしたり、すでに経験している人の話を聞いたり、読んだりと、情報収集をして知識として蓄えていけば実際に自分がこれまでに経験してなくても、これからの仕事に活きるんじゃないかなと思うんですよね。

だからこそ、リーダーという立場になってからはマネジメントに関することや、リーダーについていろんな記事を読んだり、本を読んでインプットするようにしています。

そして、「インプットした情報を実際に仕事で使えないか?」とか、「実際に経験している人のエピソードを今のチームの状況に置き換えた時にどうなるんだろう?」と想像してみたりして頭の中で考えを巡らせていたりします。

やっぱり、経験は大事

先ほどまで、「経験しなくてもわかることだってある!!」と豪語して話してきましたが、いくら知識をインプットしたところで実際にやってみないと分からないことだって多々あります。(実際の仕事ってそういうのが多いよねw)

だからこそ、インプットは大事だがそれ以上にアウトプットをしていくのも大事だなと。

実際に試してみて、

ダメだったら次は上手くいく方法をまた考えればいいし、

上手くいったならそのやり方をこれからも続けていけばいい

こうやって、試行錯誤しながらあらゆる経験を積んでいくからこそ自分の成長にもつながっていくのかなーと思っています。

まとめ

私自身、まだまだ経験が浅いことだらけでリーダーという役割に自分の実力がついていってないことを痛感しながらも、今の自分の状況を受け入れつつ自分にやれることを精一杯やっていこうと行動している毎日です。

この記事を読んでいる方で、経験がないことをネガティブに捉えて自信を失っている人や悩んでいる人がいるかもしれません。

経験がなくとも、

  • 情報収集し、知識としてインプットをしていく
  • そして、ひたすら試行錯誤(アウトプット)して経験を積んでいく。

この2点を継続していけば、自ずと実力もついていくのかなと思ってます!!

タイトルとURLをコピーしました